« 加藤和彦氏。 | トップページ | blues.the-butcher-590213 / 10月20日(火)高円寺・JIROKICHI »

2009年10月19日 (月)

復活

Dscn1810

誹骨筋の炎症からやっと復活。今日は週末出勤した振替休暇が取れたので、午前中は久々にジムで汗を流した。

最後にジムに行ったのが先月の28日だから、20日間もトレーニングを休んでしまったことになる。これだけインターバルが開くと、さすがに自分の身体がどうなっているか怖かった(苦笑)。体重を量ると66キロ。意外なことに20日前より体重が1キロ減っていた。ただ、体脂肪率は2%くらいあがってるから、太りはしなかったけど筋肉が落ちちゃったってことか…(苦笑)。

今日はあまり無理をせず、筋トレメニューは40キロバーベルを担いでのスクワット、シーテッド・ローイング、ショスダー・プレス、それに腹筋3種類だけにとどめた。これで約一時間。
あとはランニングだ。実はオレは筋トレより走るほうがずっと好きだ。走り続けるために筋トレをしてるようなもんだな、こりゃ。ただ、これが問題。20日前はこれで無理をして誹骨筋を傷めてしまったのだから。
身体の隅々まで気を配り、どこかに余計な力がかかってないか注意しつつ、状態が反り返らないように腹筋を意識してゆっくりと走る。気持ちが萎えないようにipodでエアロスミスを爆音で鳴らしながら、ひたすら足を前に…。
久々にやったスクワットのせいで、太股の裏側が早くも筋肉痛になりそうな気配があったが、意外にも身体は軽く、足の違和感もほとんど感じなかった。
結局、時速9キロ、傾斜3度。これで45分間走り続ける事ができた。

とりあえずはほっとした。走っていて、またくるぶしの痛みがぶり返したらどうしようと思っていたが、これならもう大丈夫だろう。

走り終えて、ここ最近なかったほど身も心もクリアになっている自分に気が付く。やっぱり走り続けなきゃダメだとつくづく思った。
日々の暮らしは頭にも身体にもいろんなものを溜め込んでいく。自分の場合、走ることはそれを外に排出する行為なのだろう。膝の軋みと身体の芯が火照るのを感じながら、頭の中を空っぽにしてひたすら足を動かし続ける。いつの間にか時間は経っていき、大量の汗と筋肉の強張りが身体から解き放たれていく。自分がリセットされた瞬間だ。そこには多少の苦しさと痛みも伴うけど…。

若かりし頃、自分が常に傍に置いていたのは、ドクター・マーチンのブーツ、ジッポーのライター、マルボロ・ライトだった。それが今や、ランニング・シューズ、ipod nano、粉末のアミノ酸に変わっている。
それでも、オレの身体は20年前とは明らかに変わってしまった。どんなにトレーニングを積もうとも、脇腹に付いた贅肉は落ちないし、若い時より負荷をかけてさえ筋肉はなかなか付かない。

もしかしたら、オレのやっていることは、ただの悪あがきでしかないのかもしれない。それでも、やるしかないのだ。
小さなことだけど、このキツさ、それを超えた時の達成感は自分だけのもの。これが味わえなくなったら、日々の暮らしは確実に今より色褪せるだろう。
何よりも、日常を一時リセットし、たった独りで自分自身と向き合う時間を持つことがいかに大切か…。悲しいニュースに接するたびにつくづくそう思う。

|

« 加藤和彦氏。 | トップページ | blues.the-butcher-590213 / 10月20日(火)高円寺・JIROKICHI »

Running on Empty」カテゴリの記事

コメント

俺も悪あがきしてますよ。
HAGAさんよりは全然、アマちゃんですけど(笑)
でも、このまま流れに身を任せて肥えていくのも嫌なんでね。
悪あがきし続けましょう、お互いに。

投稿: LA MOSCA | 2009年10月20日 (火) 22時00分

◆LA MOSCAさん
いえいえ、僕だってアマアマですよ(苦笑)。僕のブログでもリンクしてますけど、HEATWAVEの山口洋さんとか、始めたばっかりなのにすごい距離を走ったりしてるんですよね。実は密かにそれを読んでモチベ上げたりしてるんですけど(笑)。

投稿: Y.HAGA | 2009年10月22日 (木) 12時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111538/46530541

この記事へのトラックバック一覧です: 復活:

« 加藤和彦氏。 | トップページ | blues.the-butcher-590213 / 10月20日(火)高円寺・JIROKICHI »