« 新型インフルエンザ、上陸 | トップページ | 「クリスマス・イン・ザ・ハート」 / ボブ・ディラン »

2009年11月20日 (金)

espoir 希望を載せて飛ぶ為の羽根3号 購入

ここ数年で、自分にとって最も大きな出会いとなったミュージシャンは、間違いなく山口洋だ。
オレは山口洋の奏でる音楽を死ぬまで聴き続けるだろう。自分と同世代の男が奏でるR&Rは、同じ時代を潜り抜けてきたからこそ共鳴できる響きを感じるし、これから共に歳月を経ていくことに勇気をくれる音楽でもある。Still Burning,Life Goes on…。ヒロシのR&Rは、一回りして来た者であるが故に鳴らすことのできる潔さと決意に満ちている。

その山口洋率いるHEATWAVEは、今年結成30周年を迎え、11月に30th ANNIVERSARY TOUR vol.2と題したツアーが行われた。
だけど、残念ながらオレはそのライブに足を運ぶ事ができなかったんだよな…。どうしても外せなかった家族の事情があったのだ。大事なライブに行けなかったのは残念だけど、人生にはそういう夜もあるってこと。
でも、オレはライブが観れなかった懺悔も含め、この節目に何か形に残るものを手元に残しておこうとふと思った。まあ、オレなんかほんと駆け出しのファンで、ヒロシの30年の歴史のほんの後半、ほとんど足の小指ぐらいしか舐めていないわけなんだけど(苦笑)。

で、手に入れたのがコレ。代官山のジュエリー・ショップ「knife acoustic groove」で作られた「espoir 希望を載せて飛ぶ為の羽根3号」というシルバー・アクセサリーだ。

Dscn1865

これは、ジュエリー・デザイナー中野貴さんと山口洋とのコラボレーションで生まれたもの。ひとつひとつを熟練職人が手仕事で仕上げ、「確かな技術」と「たゆまぬ努力」の末にできあがった作品だという。ヒロシ直筆の「espoir」の文字がトレースされたこれを持つことで、音楽に、デザインに信念を貫く彼らとの「魂の連帯」ができるのなら、それはこれからの自分の人生においても、いろんな意味で励みになるのではないか…。そんなことを思ったのである。

そもそもオレは、男が装飾のためにジュエリーを身に着けるような行為は好まない。なんかテレがあるんですよ…(苦笑)。今まで身に着けていたアクセサリーと呼べるものは、左手薬指にはめた自分のネームが入っているハワイアン・ジュエリーぐらい。それは共に人生を生きることを決めた女性との証だからね(彼女の方はそれ、無くしちゃってるんだけどね…(苦笑))。そんな風に、男が装飾品をわざわざ身につけるのなら、そこには何がしかのリーズンが必要だと思うのだが、この「羽根3号」を持つことには、十分にそれがあると思ったのである。

ターコイズの入った「羽根4号」が、今のところ最新のコラボ作品なんだけど、オレはあえてその一つ前の作品、シルバーのみで彫られたシリーズ最大の羽根を手に入れた。4枚ある羽根の中でも、どれか一つならやっぱりコレだな、と。

Dscn1866

手元に届いたブツを実際に見ると、これがほんと、ため息が出るほど素晴らしい。ほれぼれするような美しい輝きを放ち、力強さと繊細さを併せ持った“気”が放たれている。
オレはメールでこいつをオーダーしちゃったんだけど、これは近いうちに代官山の中野さんのお店を訪ね、直接中野さんに会わなきゃな、なんてことを思った。

「羽根3号」を短めのロボチェーンで首から下げると、きりっと身が引き締まる。まるでふんどしを締めたような気分(笑)。
男44にして銀を身に付けた2009年の初冬。

Dscn1871

|

« 新型インフルエンザ、上陸 | トップページ | 「クリスマス・イン・ザ・ハート」 / ボブ・ディラン »

山口洋(HEATWAVE)」カテゴリの記事

コメント

あたしは会場で『羽根4号』を購入しました。
代官山のショップにもお邪魔して、中野さんともお話ししました。とっても熱い方でした。

投稿: りんりん | 2009年11月21日 (土) 02時45分

◆『羽根4号』は特に女性には似合いそうですよね。僕もある人から実際に見せてもらいましたが、3号より更に繊細でターコイズがとても綺麗でした。
中野さんは僕もPeace Music Festa!とかでお見かけしてるんですよね。その時は中野さんだとは思わなかったんですが、後でブログ見て、ああ、あの人だったのか!ってな。僕と色違いのHEATWAVEのTシャツを着てました(笑)。

投稿: Y.HAGA | 2009年11月21日 (土) 17時14分

こんにちはhappy01
アコパル@代官山でご一緒させていただいたnaoです。
「羽根3号」買われたのですねshine
これは!と思い、思わずコメントしてしまいましたhappy02
この羽根はやはり男性が身に着けた方が、断然かっこいいと思います。
今度ぜひ着けてきて下さいね。
この前、代官山で着ておられたTシャツ。もしかしてHEATWAVEのシャツでしたか?家に着いてから思い出して、ちょっと気になっていました。

投稿: nao | 2009年11月23日 (月) 16時40分

◆naoさん
おー、naoさん!ライブではよくお会いしてますが、ブログ上では久しぶりですね。「羽根3号」、思い切って買っちゃいましたー。naoさんお持ちの4号よりだいぶ大きくて直線的なデザインです。今度お見せしますね!

>この前、代官山で着ておられたTシャツ。もしかしてHEATWAVEのシャツでしたか?

そうです!春にあった30周年ツアー第一弾の、魚さん抜きHEATWAVEの時に買いました。HEATWAVE関連のグッズは普段使いしてもOKな質のいいものが多いですよね。

ところでnaoさんもブログ、やっておられたんですね!さっそくリンク集に入れちゃいました。これからはちょくちょく遊びに行きますね!

投稿: Y.HAGA | 2009年11月23日 (月) 21時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111538/46786858

この記事へのトラックバック一覧です: espoir 希望を載せて飛ぶ為の羽根3号 購入:

« 新型インフルエンザ、上陸 | トップページ | 「クリスマス・イン・ザ・ハート」 / ボブ・ディラン »