« GO!!60 CHABO with HAYAKAWA Tour 2010 仲井戸“CHABO”麗市・早川岳晴 / 2010年06月19日(土) 南青山MANDALA | トップページ | 大相撲の野球賭博 »

2010年6月25日 (金)

【2010 FIFA WORLD CUP】2010年06月25日 日本vsデンマーク

2010062500000062jij_vanpsoccview000
うすうす気がついていたが、この試合を見ていてはっきり自覚してしまった。普段どんなにクールでいようとも(いやまあ、そんなに気取ってるわけでもありませんが…(苦笑))オレの本質は負けず嫌いの汗臭いスポ根野郎(笑)。残念ながら運動神経も頭脳もあんまりデキが良く生まれてこなかったから、これまでの人生で勝利の美酒に酔った経験はほとんどないが、やらねばならない場面では、いつも自分なりに精いっぱい努力し闘ってきた。やる前から“どうせ駄目だから…”と諦めたり、負けた時の言い訳を用意するのは大嫌いだ。運動会、受験、仕事。中途半端にしてしまうと後々まで重い後悔が残る。それが嫌だから勝つために自分と闘う。
スポーツを観戦する時も基本的なスタンスは同じ。勝つために闘っているスピリットが伝わってくることが一番大事。不器用でも真剣にやってる奴のあげ足をとるようなことを言う評論家もファンも大嫌いだ。

オレが4年前のドイツ大会の日本代表を見ていて、怒りにも近い気持ちを覚えたのは、彼らから闘う集団としての匂いが一向に伝わってこなかったからだ。もちろん、ベストを尽くした選手もいたとは思う。だが、チームが一丸となって勝利を目指しているようにはとても見えなかった。
今の日本代表は違う。全員がエゴを捨て、勝利を目指してチームのために闘っていることが、テレビを通してもはっきりと伝わってくる。それが嬉しいんだ、オレは。結果としてこのチームは1次リーグを突破したけど、この闘い方を見せてくれていれば、全敗でも熱くなれたかもしれない。だが、勝った。勝って一次リーグを堂々と自力で突破した。素晴らしいじゃないか!

対デンマーク戦は、対カメルーン・対オランダよりもさらに良かったと思う。それは、彼らがデカい欧州野郎に対して中途半端に引かず、堂々と立ち向かっていたからだ。本田の目の醒めるようなフリーキックは確かに素晴らしかったけど、真に賞賛されるべきは全員で勝利を目指した姿勢とひたむきさだと思う。できることなら、選手全員にMOMをあげたいぐらい。
それにしても、こういう戦術をなんと言えばいいんだろうなあ…。よく言われる本田の1トップ、これ、欧州サッカーをよく観ている人なら気が付いてると思うけど、実は1トップになっていないよね?むしろ、スパロッティが監督をやっていたASローマの“ゼロトップ”の考え方に近い。攻撃的か保守的かといわれれば明らかに保守寄りなんだけど、全員でガチガチに固めているわけでもなく、行くときは行く。空いてるスペースにはどんどん出て行く。要するに、オシムさんの言ってた“走るサッカー”に岡田さんが実戦的なスパイスを効かせた戦術が見事に効いているように、オレには見える。

この素晴らしい結果を生んだのは、本田圭佑の覚醒や堅守速攻のフォーメーションがうまくハマったこともあるだろう。だが、いみじくもデンマーク戦後に岡田監督が語っていたように、最大の要因は選手もスタッフも一丸となって勝利を目指す闘う集団になっていることなのではないだろうか。
確かに、これは美しいサッカーではない。“アンチ・フットボール”と言われれば全くそのとおり。だけど、それでもオレにとってこれは十分に魅力的で熱いサッカーなのだ。アンチで大いに結構。闘莉王も言ってたけど、下手クソが下手クソなりの美学を通せば、それは十分に心を打つものなのだ。

オレの涙腺が完全決壊したのは、DFの中澤佑二が嬉しさを堪えきれない表情でインタビューを受けている映像を見た時。彼は、全敗したドイツ大会で失意の底に落ち込み、一時は代表引退まで考えた選手なのだ。そんな彼が少し目を潤ませながらインタビューに応えている…。
正直言って、この戦術がどこまで通用するのかはわからない。でも、取りあえずはこれが今の日本の集大成。決勝トーナメント1回戦、もちろん勝って欲しいが、それ以上に魂をこめた全員サッカーを、一試合でも長く見ていたい。

2009年6月25日金曜日。
オレは、この日ハーフタイムに見た朝焼けの美しさを一生忘れないだろう。
目を赤くした人たちが、少し誇らしげに駅で電車の来るのを待っていたこの日の出勤風景を、オレは一生忘れないだろう。

|

« GO!!60 CHABO with HAYAKAWA Tour 2010 仲井戸“CHABO”麗市・早川岳晴 / 2010年06月19日(土) 南青山MANDALA | トップページ | 大相撲の野球賭博 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

Y.HAGAさん、こんばんは。
デンマーク戦、朝3時に起きて見た甲斐がありましたね。こちらの想像をはるかに超えたとてもたくましいプレイぶりを頼もしく思うと同時に、ドーハの悲劇からもう16年もの時間が経ったのだということを実感しました。

>もちろん勝って欲しいが、それ以上に魂をこめた全員サッカーを、一試合でも長く見ていたい。

同感です。勝ち負けじゃ測れない、気持ちの入った戦いを見たいですね。
韓国は負けちゃいましたが、今晩はドイツ×イングランド。ちょっと寝不足でハイになってしまいがちな今日この頃です。

投稿: goldenblue | 2010年6月27日 (日) 22時04分

◆goldenblueさん
>ドーハの悲劇からもう16年もの時間が経ったのだということを実感しました。

そうなんですよねえ…。僕、たまにあの頃に撮ってあったビデオを見たりする時もあるんですけれど、今のサッカーはあの頃と比べても倍以上スピードが増してるような気がします。もちろん、日本もそれに対応した進化を見せていると思いますし…。16年の歳月はデカイですね、やっぱ。

ドイツ×イングランド、リアルタイムで見ましたが、面白かったですねえ。っていうかドイツ、強い!今回、欧州が不振とか言われてますが、地域に関わらずドイツみたいに世代交代が上手くいったところはちゃんとトーナメントに残っているように思います。

投稿: Y.HAGA | 2010年6月28日 (月) 10時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111538/48724827

この記事へのトラックバック一覧です: 【2010 FIFA WORLD CUP】2010年06月25日 日本vsデンマーク:

« GO!!60 CHABO with HAYAKAWA Tour 2010 仲井戸“CHABO”麗市・早川岳晴 / 2010年06月19日(土) 南青山MANDALA | トップページ | 大相撲の野球賭博 »