« UMISAKURA MUSIC FESTIVAL 2010 プレLIVE〜セツナグルーヴ2010〜 / 2010年7月17日(土) 神奈川県藤沢市片瀬海岸 虎丸座 | トップページ | 「ぼくはロックで大人になった ~忌野清志郎が描いた500枚の絵画~」/ NHK BShi 7月23日(金)20:00~22:00 »

2010年7月22日 (木)

blues.the-butcher-590213ライブ / 7月22日(木)高円寺JIROKICHI

blues.the-butcher-590213(♪3000)
永井ホトケ隆vo,g 沼澤尚dr 中條卓b KOTEZ(vo,harp)

高円寺JIROKICHIでblues.the-butcher-590213のライブを観て来た。このバンドはJIROKICHIでは必ず月一でライブをやってるんで、タイミングが合えば行くようにしている。
最近はイベントにもよく出演しているが、やっぱりホームグラウンドで見るブルース・ザ・ブッチャーは格別。この日もグルービーなブルースをたっぷりと聴かせてくれた。
改めて思ったんだけど、このバンドの強みは沼澤尚という稀代の名ドラマーを擁していることだと思う。バンドの編成も演奏する曲もオーセンティックなシカゴ・ブルースだけ。なのに、沼沢さんの持つリズムパターンの多彩さが、単調さを全く感じさせない。ミディアムナンバーなんて全く無し。前編こてこてのブルースばかりなのに、こんなにも色合いの異なる音楽になっていることに、初めてライブを見た人ならきっと驚くんじゃないだろうか?

blues.the-butcher-590213の音楽は確実に“新しい”と思う。と同時に、いい意味で“オーソドックス”だとも思う。この、演奏者のイマジネーション次第でいくらでも大胆な解釈が可能なスタイルのフリーさこそがブルースの素晴らしさなんじゃないかなあ?工夫次第でいくらでも拡大再生産が可能だからこそ、ビートルズやストーンズの連中が夢中になったんだし、やがてそこからロックが生まれることにもなったのだと思う。日本のブルース・マスター永井“ホトケ”隆は、そういうブルースの汎用性をよくわかっているんだと思うんだよな。

この日はMCでもいつも以上にそんな話が多かった。そういう話がよくわかる観客が集まってるってのも、JIROKICHIの魅力。
また足を運ばなきゃなあ、JIROKICHI。ブルースに足を向けては寝られない。

|

« UMISAKURA MUSIC FESTIVAL 2010 プレLIVE〜セツナグルーヴ2010〜 / 2010年7月17日(土) 神奈川県藤沢市片瀬海岸 虎丸座 | トップページ | 「ぼくはロックで大人になった ~忌野清志郎が描いた500枚の絵画~」/ NHK BShi 7月23日(金)20:00~22:00 »

blues.the-butcher-590213」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111538/48972690

この記事へのトラックバック一覧です: blues.the-butcher-590213ライブ / 7月22日(木)高円寺JIROKICHI:

« UMISAKURA MUSIC FESTIVAL 2010 プレLIVE〜セツナグルーヴ2010〜 / 2010年7月17日(土) 神奈川県藤沢市片瀬海岸 虎丸座 | トップページ | 「ぼくはロックで大人になった ~忌野清志郎が描いた500枚の絵画~」/ NHK BShi 7月23日(金)20:00~22:00 »