« 【映画】酔いがさめたら、うちに帰ろう | トップページ | 正月をとうに過ぎて »

2011年1月10日 (月)

山口洋 / 細海魚 TOUR2011 "SPEECHLESS"」Vol.1 / 1月10日 (月/祝) 千葉 LIVE HOUSE ANGA

今年のライブ初めは山口洋+細海魚。今日はこの名義でのアルバムリリースに伴うツアーの初日だ。
アルバム「SPEECHLESS」は、昨年行われたこの二人でのライブ音源を原材料に、後から新たな音を加工を加える工程を経て製作されたもの。スタジオ録音でもなければライブ作品でもないという不思議な作品だ。そして、そのベースとなった音源は、ここANGAで昨年行なわれたライブから録られたものなのである。
だから、ANGAでツアーの初日を迎えるというのは凱旋公演みたいな意味合いがあると思うし、僕自身、音源が収録された昨年のライブの現場にいたので、そこからアルバム製作という一連の工程を踏み、再びライブの場に戻ってきた二人がどんな音を出すのかすごく興味があった。いったいその独創的な音は変わっているのか変わってないのか、それを確かめるためにも、このツアー初日は絶対外せないと思っていたのだ。

まだツアー中なのでライブの詳細を書くことは控える。だけどこれだけは言わせてほしい。この音楽は何と言えばいい?無国籍。ジャンルレス。ノンカテゴライズ。もはや2人の奏でる音楽は、ロックンロールとか環境音楽とかの範疇を超えた、誰もやっていないオリジナルなものになってしまっている。強いて名前を付けるなら、ロックンロール・アダルトに向けてのアンビエント音楽ってとこか…。加えて、この日はステージ後方のスクリーンに映像の投射もあり、聴覚・視覚ともにちくちくと刺激されるという、これまであまり経験したことのないライブ体験になった。

変わったかといわれれば、ある程度僕の予想の範囲内と言うか、思ったよりは変わってなかった。ただ、アプローチの方法は変わらなかったのかもしれないが、出てきた音の感触は大きく変わったと思う。あくまでも個人的な感想だが、僕は去年よりも音が数段ワイルドに、よりフリーキーになったと感じた。
そして、付随してステージ上での山口洋の振る舞いがとても大胆に見えたのだ。ツアー初日ともなれば、どんなベテランプレイヤーだって緊張すると思うし、実際ヒロシだって緊張していたはずだ。それが原因かどうかはわからないけど、ヒロシはライブ中何度かエフェクターを踏み間違えるか何かしてでかいミストーンを発した。でも、それすらヒロシは全く気にしていないようだったし、僕の耳にもそれはミストーンには聞こえなかった。このライブ、空間の自由度が高く、不協和音ですらそこに置き場があるような感じなのである。
そして、一曲一曲がとにかく長い。その長さの大半はインストロメンタルによるものだ。ヒロシ自身“いつ歌いだすんだ、オレ…”と自分で自分に突っ込む場面もあったぐらい(笑)。

アンコール2回を含め、2時間強のライブ。なんか、いい意味で疲れたなあ…。決して長いライブではないけど、僕にはこれぐらいの尺がちょうど良かった。だって、音も映像も場の雰囲気も、五感が刺激されるところがたくさんあり、普段の倍ぐらい神経を使うのだ。いや、真面目にかなり疲れた(苦笑)。なんと言うのか、肉体は疲れてないが、頭の芯が痺れたような変な感じだ。
でも、山口洋は全然疲れていないように見えたんだよなあ…。むしろ、精神と別のところで勝手に身体が動くのに自分で自分に戸惑っているような感じ。本人がMCで言っていたのだが、少し前に気持ちが弱っている時期があって、むちゃくちゃに身体を鍛える方向に走った結果、今が生涯で一番身体がキレている状態になったのだという。その結果、今は身体が精神で制御できなくなっており、予想もしなかったような反応を起こすんだとか…。
うーむ、僕はまだその域に達していないのだろうなあ…。いつものように、身体でビートを感じたり、頭でメロを追っかけたりするような音楽の受け止め方じゃなくて、何か別のフィルターを見つけないとこのライブの芯を掴めないのかもしれないなあ…。まずはこの日購入したアルバムをじっくり聴いて自分の中の蓋を開こうと思う。

このツアーはステージを重ねるにつれ、どんどん変わっていくような予感がする。今日はいい意味で初日っぽいレア感もあり、見所の多いライブだった。こういう言い方は変かもしれないが、僕はとても“面白かった”な。来月の渋谷でのライブあたりでこのサウンドがどう変化しているのか、すごく楽しみだ。

ライブ後にはサイン会もあり、僕も買ったばかりの新譜にサインを入れてもらった。山口洋はバイオグラフに加え、その時の自分の年齢を書き入れるんじょだが、今日は“(47)”という数字が。歳相応なんて言葉があるけど、本来、肉体年齢と精神年齢なんて人それぞれ。これは、あくまでも山口洋という男がたまたま今47歳だっただけの話なんだろうな。

Dscn9632

しっかし千葉は寒かったなあ…。ホームで東京に帰る電車を待ってる時なんか、寒くて凍え死ぬかと思ったぜ(苦笑)。
実を言うと、自分は今日の昼間今年初めての20キロ走をやった。ライブの時間頃はちょっと血糖値が下がっていたのかもしれない。こういう肉体のコンディションも、ライブに接する上では微妙な影響があるんだよね。
精神はイケイケでも肉体はまだまだ付いていってない感じ。うーん、今日はヒロシに負けてるな、こりゃ。冬はよくよく考えてトレーニングしないと、と思ったY.HAGA(45)(笑)。

|

« 【映画】酔いがさめたら、うちに帰ろう | トップページ | 正月をとうに過ぎて »

山口洋(HEATWAVE)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111538/50558399

この記事へのトラックバック一覧です: 山口洋 / 細海魚 TOUR2011 "SPEECHLESS"」Vol.1 / 1月10日 (月/祝) 千葉 LIVE HOUSE ANGA:

« 【映画】酔いがさめたら、うちに帰ろう | トップページ | 正月をとうに過ぎて »