« 奇妙な日々 | トップページ | 戦後の終わり »

2011年3月16日 (水)

うつくしま ふくしま

“うつくしま ふくしま”

これは僕の生まれ故郷、福島県が地元をPRするのに使っているキャッチコピーだ。
大学入学以来、ずっと故郷を離れて東京で暮らしてきた僕は、“なんてダサいコピーなんだ。これだから田舎は…”なんてことをずっと思っていた。いっぱしの都会人気取りで…。
こんなことがあってようやく気が付いた。福島県は、自然の恵み豊かな限りなく美しい土地だったのだ。僕は今、自分が“うつくしま ふくしま”で生まれ育ったことを誇りに思う。
失ってみてそんなことにやっと気が付いた。まるで死の際でやっと親のありがたみがわかったように…。






なんて僕は馬鹿なんだろう…。







故郷の町がめちゃめちゃになっているのをテレビで見るのは、まるで大切にしまってあった宝物を粉々に壊されてしまったような気持ちだ。
かつて村上春樹が、生まれ育った神戸の町を阪神淡路大震災で壊されたことへの喪失感を文章に綴ったことがあったが、まさか自分もそんな気持ちを味わうことになるなんて夢にも思わなかった。

加えて福島には“原発”がある。
30キロ圏内から外れているとはいえ、あの地で暮らしている父や母、古い友人たちはどんな気持ちでいるというのか…。

某ミュージシャンは、この状況を“かなり切迫した危機的状況にあり、政府や東電の発表はある種大本営の発表のようで要領を得ない”と書いた。はっきり言うが、僕はそんな物言いに“怒り”を感じる。
政府や東電の言うことがいったい何処まで本当なのか、そんな疑問を持ってるのはあんただけじゃない。あのしどろもどろの会見を見れば、子どもだってわかることだ。事態は限りなく切迫しているし、もはや限界を超えているのかもしれない。それでも彼らはああしか言えないのだ。無用なパニックを起こさないために…。
今、誰もが誰もなりの立場で必死に闘っている。どうしようもない現実の中でも、一縷の望みがなければ人は生きていくことができない。地方にとって行政とは良きにつけ悪しきにつけ、とても大きな存在なのだ。まして、今回のように手足を奪われた地方の人々は行政しか頼るところはない。そんな切迫した地方の民の心情がわかってない人に、わかったようなことを語って欲しくない。

そんなことより、僕は未来を担う子供たちが心配だ。ガイガーカウンターを頭に押し付けられている子どもの映像を見ていると、胸が張り裂けそうになる。
換われるものなら換わってやりたい。オレなんか、少しぐらい放射能を浴びたっていいとすら思う。どうせもう子どもを作る気なんかないし…(苦笑)。
人生半分過ぎてる僕なんかより、小さな子供たちが放射能の影響におびえてこれからの人生を生きていくのかと思うと、本当にいたたまれない。

なんとかして故郷に戻りたい。
美しかった町の復興に汗を流したい。
親不孝してきた償いを果たしたい…。
放射能なんかなんだというのだ。

もう「覚悟」なんかとっくにできている。

|

« 奇妙な日々 | トップページ | 戦後の終わり »

日記」カテゴリの記事

コメント

HAGAさん
被災地から遠く、安全な場所にいる自分に一体何が言えるか、と随分悩みました。
でもHAGAさんの言葉に動かされてコメントを書いています。

某ミュージシャンがダイアリーに書いたことの真意は分かりませんが、私は「それみたことか」的な"人ごと感"を感じてしまいました。
政府や東電の対応には不満を感じます。それは誰でもそうでしょう。しかし誰もが事態を好転させる為に必死で闘っていると信じています。厭世的な態度で批判すればいいというものではありません。

私は原発にも国内の米軍基地の存在にも反対ですが、今まで声をあげてそのことを主張することはほとんどありませんでした。
命がけで反対するということをしなかった自分に激しい後悔と、自己嫌悪を感じます。ましてや原発で作られた電気の恩恵をぬくぬくと受けているのは誰でもない東京在住の自分なのです。地方に多大な重荷を負わせて自分の生活が成り立っているということに改めて恐れを感じました。

何だかとりとめなくなってしまいました…すみません。
HAGAさんの故郷が(そして全ての被災地と傷を負ってしまった方々が)、1日も早くキャッチコピー通りの美しい姿を取り戻せるよう、微力ながら私も自分にできることを長く続けていこうと思います。

投稿: nao | 2011年3月17日 (木) 15時35分

◆naoさん
naoさんもご存知のとおり、僕は某ミュージシャンのファンです。誤解を恐れず率直な物言いをするのが彼の流儀だというもわかっているつもりです。ですが、今度ばかりはどうしても見過ごすことができませんでした。
彼の言いたかったことはわかるし、あるいはそのとおりなのかもしれません。でもね、それは今言うべきことではないと思うのですよ。今の僕らは絶望の中に少しでも希望の「光」を見出していくよう努力すべき。
あんなネガティブな文章を被災者や原発の近くに住んでる人が見たら、きっとめげてしまうと思います。それでもなお、正しいと思うからリリースしたいっていうのなら、それは被災を自己顕示欲のために利用しているだけだとぼくは思います。

同時に、僕もnaoさんと同様、自分自身にも激しい怒りを覚えます。僕は自分の故郷に死と紙一重の負担を負わせた上で、のうのうと原発でできた電気を享受していたんですから…。

きっと、故郷は僕を怒っていると思います。今は現地も混乱していて、とてもボランティアを受け入れる状態ではないようですが、少しでも状況が落ち着いたら、微力ながら復興に汗を流したいと思っています。
僕にできるせめてもの罪滅ぼしって、そのぐらいしか思い浮かばないです。

投稿: Y.HAGA | 2011年3月18日 (金) 15時33分

自分に何が出来るかわかりません。
でも僕は思います。
HAGAさんのことを故郷は怒ってないと。
そしてHAGAさんがするのは
罪滅ぼしなんかじゃなくて希望の光を放つ事だと。
祈り続けて、元気を出して、生きて行こうと思います。

投稿: 美海工房ターツー | 2011年3月19日 (土) 00時19分

まず一人の命が救われることですかね。

私たちに出来ることって救える命を救うために何が出来るかって事だと思います。

うちの運転手が話してました。
乗客が福島へ向かっているって。

乗客の話ではかなりの電機グループが福島集結されているそうです。
ボランティアは想像以上の規模の技術者が集められています。

震災の規模も大きいですが、ボランティアの規模も半端無いようです。予想以上の速さの復旧が期待できそうですよ。

私の仕事は乗務員の後方支援ですが、乗務員がスムーズに迅速に仕事するためには、自分がスムーズに仕事しなければなりません。

結局、出来ることは自分のすべきことをしっかり行なう。
これに尽きるような気がします。

偉そうなこと言ってすいません。
でも乗務員の言葉に昨日とても励まされたので、コメントいたしました。

投稿: | 2011年3月19日 (土) 09時48分

某ミュージシャンの日記、ボクも読みました。
「他人事感・ネガティブ」はボクは感じませんでした。
むしろ、遠くにいて何も出来ないもどかしさ、
そういう自分自身も電気の恩恵を享受した反省を感じました。

唯、あれを読んでどう感じるか?は読む人それぞれでしょうね。
ボクは何も被災してないので暢気にそう感じるのかも。
東北や福島にいる方があれを読んでどう感じるか?は
正直・・・想像できません。
想像できるなんて・・口が裂けても言えません。

だけど、某ミュージシャンは可能な状態になったら
真っ先に被災地に飛び歌を届ける気概がある人と思います。
彼の盟友である中川敬も原発に対して批判的ですが
真っ先に行動する、そう思います。

そして故郷はHAGAさんを絶対に怒ってないと思います。
今東北・福島出身者で遠く離れてる人、苛立ちを感じるでしょう。
だけど「遠く離れてるから」見える・出来る役割がある筈。
ボク自身その役割が何か分かんないけど考えようと思います。

投稿: ながわ | 2011年3月19日 (土) 11時42分

◆美海工房ターツーさん
>HAGAさんのことを故郷は怒ってないと。

ありがとう。そう言っていただけるだけで少し救われた気持ちになりました。
故郷を出て東京で暮らしてる福島県人は、僕と同じような気持ちをみんな抱いてるんじゃないかな…。テレビでこんなに「フクシマ、フクシマ…」って連呼されたのって、戦後初めてのことかも(苦笑)。今回の件は、僕にとって地方と都市との意味合いを考えさせられることにもなりました。

投稿: Y.HAGA | 2011年3月22日 (火) 12時10分

◆僧さん
そうですよね、技術者の方や自衛隊、警察、消防の方なんかは、危険を顧みず夜を徹して復旧作業をしてるわけですから、僕らが弱音を吐いてる場合ではないですよね。
僕は、節電や買占めをしないことなどはもちろん大事だと思いますけど、消費を自粛したり娯楽を過剰に自粛するのはかえって良くないんじゃないかって思います。この時期に娯楽、レジャーなんていうと不謹慎だって言われるかもしれませんが、正常な消費活動が行なわれないと、震災で痛めつけられたこの国はますます国力が落ちてしまうと思うんです。
僧さんのおっしゃるとおり、それぞれの人が今自分のすべきことをしっかり行なうこと。そのことこそが、希望の光を見出すための唯一の方法だと思います。

投稿: Y.HAGA | 2011年3月22日 (火) 12時11分

◆ながわさん
いろんな人のサイトを見てみると、やっぱり某ミュージシャンのように強い表現で今回の件を糾弾している人がたくさんいました。また、そんな書き込みには賛同と同様に、“今そのようなことを言うべきではない”というコメントも付いていました。もしかしたら、自分の故郷の原発じゃなければ、僕も今回誰かを糾弾するような書き込みをしていたかもしれません。
でも、親戚や古い知人が住んでいる土地に関しては、やっぱり気持ちが先立ってしまうんですよね。人は「希望」がなければ生きていけない。それがどうしようもないくらいに小さなものであったとしても…。そのことを今回ほど思い知らされた経験はありません。

僕は今、ちょっと気持ちが弱ってるんだと思います。
今回のようなことがあっても、僕は別に某ミュージシャンを嫌いになったわけではないです。冷静に考えればああいう客観的な視点も必要なんだとは思います。だけど、あの書き込みが、「遠く離れてるから見えていること」だとはどうしても思えないんですよね。
「善意」や「正義」をカタチにするって難しいことなんだなあって思っています。

投稿: Y.HAGA | 2011年3月22日 (火) 12時12分

はじめまして・・・と言っても、おそらく
Y.HAGAさんとは、CHABOやBOPPERSのLIVE会場で
すれちがっているかもしれません。


私のふるさとも福島です…
しかもおそらく、過去のブログを拝見すると、Y.HAGAさんのご実家と私の実家はもしかしたら近いかもしれません。

Y.HAGAさんと同様に、私も大学入学から東京で暮らしています。
福島には家族、たくさんの友人、親戚が住んでいます。
避難区域から近くても、避難区域ではないので、仕事がいつも通りあり、
仕事を持つ人は、避難をしたくても、なかなか避難ができないというのが現実のようですね…

毎日毎日、テレビで流れるニュースには、胸を締め付けられる想いです。
Y.HAGAさんが感じていること、私も同じです。
こういう気持ちを十分にわかってもらうことは、
同じ立場じゃないと難しいんだと、感じている毎日です。

小さな希望の光にすがって生きています。


地元の友人の話を聞くと、あの地域は、
物資がかなり不足しているとのこと。

地元のために自分ができること・・・として、
ゆうパックが開通したので、その地域に物資を送ることをはじめました。

投稿: MAKI | 2011年3月29日 (火) 00時45分

はじめまして。
私も東京在住です。
震災以来ずっと自分の無力感に苦しんできましたが、今日近田春夫さんのコメントを読んで、やっと一つの方向が見えてきたような気がしています。

たまたま通りがかったブログに投稿するにはかなり長い近田さんのコメントですが、私は読み終わった後涙が止まりませんでした。

もし良ければ最後まで読んでください。
近田さんは高木完さんのBLOGで公開しています。

http://blog.honeyee.com/ktakagi/archives/2011/03/26/from.html

投稿: ちくわぶー | 2011年3月31日 (木) 15時48分

◆MAKIさん
はじめまして。レスが遅れてすみません。

>こういう気持ちを十分にわかってもらうことは、
同じ立場じゃないと難しいんだと、感じている毎日です。

そうですね。こんな言い方は誤解を招くかも知れませんが、原発問題と米軍基地問題ってよく似ていると感じます。うわべの平和、東京での快適な暮らし。それらは実は地元の大きなリスクのもとに成り立っている。しかも僕は福島県民だった…。そのアイロニーが僕を苦しめます。
なぜ今までもっと大きくNO!と言わなかったのか…。どうしてもそう自分を責めてしまいます。

僕もささやかながら寄付をしましたが、きっと復興までの道のりは長いものになるでしょう。なんとかして地元で汗を流す時間を作ろうと思っています。

投稿: Y.HAGA | 2011年4月 1日 (金) 13時41分

◆ちくわぶーさん
近田春夫さんの文章、一言ひと言を噛み締めるようにして読みました。素晴らしいですね!なんだか、心の中のもやもやしていたものがすっきりとカタチになったような気がします。

3.11以来、僕は自分の中のモードが何か切り替わったのを感じます。正直に言えば、
僕だって政府にいいたいこと、不満は山ほどあります。でも、今そんなことを言ってるのは“日常ボケ”だと言い切ってしまいたい。
サッカーの試合でPKまでもつれた時、それまでの監督采配を云々するより、ボールがネットに吸い込まれることを誰もが願うと思います。今の日本は正に土壇場のPK戦を闘っているんだと思います。規定の試合時間にはなかった非常事態。そこで何をするのが一番良いのかわかりませんが、少なくともそれはトップへの批判ではないと思います。

投稿: Y.HAGA | 2011年4月 1日 (金) 13時42分

この度の原発事故は想定内ですね。

私も20年前の卒業論文に関東大震災に関したものを書きましたが、人間がやってはいけないことをやっている、しかも加速している。

その自覚は忘れてはいけないと思います。

何故ならその罪は私たちが責任を負うからではないからです。

関西大学教授河田惠昭氏等、すぐに現場に直行し具体案を提示し以下に福島の人々を救うかをラジオやテレビで連日放映されていましたが、結構認識が少ないようで、残念です。

投稿: | 2011年4月 2日 (土) 20時36分

◆僧さん
> この度の原発事故は想定内ですね。

原発事故の可能性において、「想定外」なんていうことはありえないと僕は思うのであすよ。今回の事故に関して、“1000年に一度という大津波が来て、予備を含む全ての電源が故障したという「想定外」の事件”という言い方をされますけど、たとえ1000分の1でも可能性があるなら、それは
想定の中に入れて考えるべきなのではないのかと。
まして、相手は原発。暴走したら手が付けられないシロモノだっていう認識が、自分を含めて多くの人に欠けていたように思います。

まずは荒れ狂う福島第一原発(この言い方も僕は嫌なのですが…。「東京電力第一原発」に今からでも名前を変えて欲しいです)を沈めることが第一ですが、その後の僕らの生活も根底から考え直さなくてはいけないのかもしれませんね。
必要以上に着飾ってしまった衣服を一枚一枚静かに脱いでゆくような暮らし方を、僕らは今こそ身に着けなければいけないのだと思います。

投稿: Y.HAGA | 2011年4月 4日 (月) 11時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111538/51136147

この記事へのトラックバック一覧です: うつくしま ふくしま:

« 奇妙な日々 | トップページ | 戦後の終わり »