« 吉田健 仲井戸麗市 村上秀一 Hello! my old friends act.1 / 2011年5月20日(金) Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE | トップページ | キース・リチャーズ自伝「ライフ」 / キース・リチャーズ(著)・棚橋志行(訳) »

2011年5月21日 (土)

仲井戸"CHABO"麗市リスペクトアルバム「OK!!!C'MON CHABO!!!」発売記念トークイベント / 2011年5月21日(土)タワーレコード渋谷店B1「STAGE ONE」

これは、今年の2月に発売されたCHABOのリスペクトアルバム「OK!!!C'MON CHABO!!!」を買った人向けに行われた無料トークイベント。当初は3/12 (土)にやる予定だったんだけど、3.11の震災の影響で延期になり、今日ようやく行われることになった。
昨日も渋谷で3Gのライブがあったから、僕にとっては2日続けて渋谷でCHABOだ。なんか幸せ(笑)。でも、この日タワレコに来てた人はみんなそう感じてたんじゃないかなあ…。夏みたいな日差しの土曜日の午後、きらきら輝く渋谷の町並みを抜けてCHABOと寺岡呼人の穏やかなおしゃべりを聞く。なんか、このシチュエーションがとても良かったんだよなあ。
CHABOもご機嫌だった。寺岡君の進行ぶりもとても好感が持て、自然と笑顔がこぼれてくる素敵なイベントだったと思う。

イベントの流れは、アルバムに収められた曲順に寺岡君がCHABOから感想を聞き出し、寺岡君もプロデューサーとしての裏話を披露していくという流れで、最後にミニライブもやった。その後は抽選もあって全部で1時間とちょっと。

CHABOの感想は、その曲が生まれた当時のエピソードと、カバーバージョンに対する感想・エピソードという二つの視点から話されていたのが興味深かった。それと、3月5日のZepp Tokyoでの楽屋や打ち上げでのエピソードね。これは笑える話がいっぱい飛び出して面白かったなあ(笑)。僕がちょっとびっくりしたのは、「うぐいす」をカバーした斉藤和義が、打ち上げで“CHABOさん、あれは政治に対する歌なんですか?”って聞いてきたって話。まあ、違うらしいんだけど、僕も長い間この曲をそういう風に聴いていた時があったから、せっちゃんも同じような感じ方をしてたんだなあと思った。CHABO、これをせっちゃんのモノマネで言うんだよね。これがまた似てて(笑)。大笑いしちゃったよ、オレ(笑)。
あと、TRICERATOPSをCHABOも前々からかなり好きだったと言ってたのも嬉しかった。で、和田唱の打ち上げ話は、話す時に顔を近づけて指を指しながら離す癖があるってこと。これもその場を想像してなんか笑ってしまったなあ(笑)。

他にも楽しい話がたくさん飛び出したんだけど、もったいないから書かない(笑)。
ただ、どうしても書いときたいのは、寺岡くんがこの企画を思いついたきっかけとして、「ヘイル!ヘイル!ロックンロール」があったというエピソードだ。これは86年に公開されたコンサート映画で、ロックンロールの生みの親、チャック・ベリーの60回目の誕生日を、様々なミュージシャンを招いて故郷のセントルイスで行った様子を描いたもの。彼はこれを見て、当時は日本では60歳を迎えるミュージシャンが当時はいなかったけど、3年ぐらい前になって“あ、CHABOさんがいる!”って気がついて準備を始めたんだそうだ。どっちかといえばアルバムよりライブをやる話が先だったと。
「ヘイル!ヘイル!ロックンロール」は僕も何度も観てDVDも持ってる大好きな映画なんで、この話は嬉しかったし、寺岡君には世代的な親近感を覚えた。
この「ヘイル!ヘイル!ロックンロール」でハウスバンドを務め、チャックとミュージシャンとの間を取り持ったのは、誰あろうローリング・ストーンズのキース・リチャーズ!僕は今、先週日本語訳が出たばかりのキースの伝記「ライフ」を読んでいるんだけど、不思議なことに、ちょうど今読んでたのが、キースがこのチャックとのイベントについて語ってる部分だった。

偶然なんだけど、なんか不思議な感じがする。
そうかあ~。「OK!!!C'MON CHABO!!!」においては、さしずめ寺岡呼人がキース・リチャーズかあ…。

|

« 吉田健 仲井戸麗市 村上秀一 Hello! my old friends act.1 / 2011年5月20日(金) Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE | トップページ | キース・リチャーズ自伝「ライフ」 / キース・リチャーズ(著)・棚橋志行(訳) »

仲井戸“CHABO”麗市」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです!
HAGAさんもいらしたんですね〜。
私は最初、正直このアルバムにはいろいろ抵抗があったんですが、
3月のライヴやら今回のトークやら経るにしたがって、
CHABOさんがあんなに楽しそうならいいか、なんて思うようになりました(笑)。
結局何だかんだでDVDも買っちゃいそう…GO!!60のドキュメンタリー付きは
ズルいです(苦笑)。

投稿: ayako | 2011年5月22日 (日) 22時23分

おー。いったんですねー。
いいのぉ。。
ほんとチャボの動きはすごい!積極的!
「絵」の頃、チャボを積極的と表現する日がくるとは予想もしなかったなぁ。

うぐいす、そうかそうか、そういうふうに捉えている人、いたんだ。僕は、この記事を読んで初めて「ふむ」と思いました。
斉藤くんは、政治に興味を抱いたのかしら、今回の件で。

ちょっと聞いてみます、もう一回。

投稿: dokemono | 2011年5月23日 (月) 10時49分

◆ayakoさん
>私は最初、正直このアルバムにはいろいろ抵抗があったんですが、

実はオレも(苦笑)。だって、なんかこういうのってミュージシャンの死後とか晩年にやる企画みたいですもんね(笑)。
でも、CHABOがほんとに楽しそうだし、寺岡くんもイイ奴なんで許します(笑)。

でも、GO!!60のドキュメンタリー付きはちょっと反則だなあ…。それはそれとして別に出して欲しいですよね(苦笑)。

投稿: Y.HAGA | 2011年5月23日 (月) 16時33分

◆dokemonoさん
「うぐいす」、なんかオレは最初聞いた時に幕末の志士のつかの間の時間みたいなイメージを持ったんですよね。“変革の真っ只中”っていうデダシが何しろインパクト大で。
今思うととんでもない勘違いなんですが、この曲の何か不安げな空気感ってCHABOの他の楽曲にもあんまりないですよね。僕は「密室」でやったバージョンが好きだなあ。あのヒリヒリした感じ、たまんないです…。

投稿: Y.HAGA | 2011年5月23日 (月) 16時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111538/51731414

この記事へのトラックバック一覧です: 仲井戸"CHABO"麗市リスペクトアルバム「OK!!!C'MON CHABO!!!」発売記念トークイベント / 2011年5月21日(土)タワーレコード渋谷店B1「STAGE ONE」:

« 吉田健 仲井戸麗市 村上秀一 Hello! my old friends act.1 / 2011年5月20日(金) Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE | トップページ | キース・リチャーズ自伝「ライフ」 / キース・リチャーズ(著)・棚橋志行(訳) »