« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月31日 (月)

斉藤和義 / 『45STONES』

51abnd6yevl_sl500_aa300_1 実を言うと、せっちゃんが“あの歌”を歌ったとき、僕はあまり驚かなかった。それは、彼がああいうことを歌にしたのは、これが初めてではないことを知っていたからである。
2000年に出たアルバム「COLD TUBE」の1曲目で、せっちゃんは東海原子力発電所の臨界事故に言及した「青い光」という曲を歌っていた。あれ以上のことが起きてしまった今、せっちゃんはきっと何か言うだろう。僕はそう思っていたのだ。
ただし、そういうのは斉藤和義というミュージシャンのほんの一部分でしかない。ここは大事なところ。彼は原発事故と、恋人との間で揺れ動く男心とを同列で歌っている。斉藤和義という人の真骨頂は、その時その時に歌いたいことを、周りの目など気にせずに自然体でさらりと歌ってしまうところにあると思うのだ。それは政治的とか社会派とかいうスタンスとはちょっと違うと僕は思う。

ところが、メディアはそうは見なかった。あれ以来、世間はこぞってせっちゃんを“怒りの”とか“反骨の”とかの形容詞付きで持ち上げている。まあ、あの歌で初めてせっちゃんを知った人ならそう思っても無理はないかもしれないが、音楽評論家までそういうことを言うのはどうなのよ?オレはげんなりしたぜ。今までのせっちゃんのアルバム、ちゃんと聴いてきたの?って問い詰めたくなった。

そんな世間一般の評価だったから、このアルバムを初めて聴く時には、僕もちょっと身構えてしまったことを白状しなければならない。で、一聴して拍子抜け(笑)。なーんだ、いつもどおりのせっちゃんじゃん!(笑)安心した。すごく安心した。
まあ、言われてるとおり、原発事故や3.11以降の空気が語られた言葉はアルバムのあちこちに飛び交っている。「猿の惑星」では、はっきりと“NO NUKES”と叫んでいる。でも、それと同じくらいに「ボクと彼女とロックンロール」や「ギター」のような前向きなR&Rが入っているのが素晴らしい。オレ、聴いてるうちに、だんだん今回のアルバムは“あの歌系”の怒りをストレートにぶつけたものより、ケツの2曲、「おとな」と「ギター」がキモなんじゃないかと思えてきた。
「おとな」は、もしかしたら3.11以降に作られた日本の音楽で、自分の気持ちと一番しっくりきた歌かもしれない。そして「ギター」。ロック少年のロック少年たるゆえんをこれだけシンプルに歌われると、なんだかとても感動してしまう。3.11以降、音楽を聴くのが辛くなったという声を多く聴くし、僕自身もそんな時期があったのだが、これを聴いてシビアな状況でも音楽を傍において置くことの大切さを改めて知らされたような気持ちになった。

そうなのだ。『45STONES』はヘヴィな状況を歌っているはずなのに、なんだかとても温かく感じるし、前向きな気持ちになれる。そして、これこそが斉藤和義という人が信じているロックなのではないだろうかと思った。
もう一度言うけれど、斉藤和義という人は、ミュージシャンとして今歌いたいことは今歌わなければ意味がないと固く信じているんだと思う。評論家ですら勘違いしている人が多いが、歌われている内容が正しいか正しくないかなんて本当はどうだっていいのだ。そんなもの十人いたら十通りの考え方があって当然だし、聴き手が歌い手の言ってることに100%同調しなきゃならないなんてことは絶対にない。せっちゃんが“あの替え歌”を歌ったときに一部の人がしたように、歌詞の一つひとつをこねくり回して正しいか正しくないかの解釈をしたって、そんなことに意味はまったくないと僕は思う。
ミュージシャンという表現者は、今この瞬間に感じたことを歌というカタチですぐに吐き出すところに真骨頂があると思うのだ。それをどう捉えるかは聴き手それぞれに委ねられている。その形態、その反射神経こそがロックだとせっちゃんは信じているのだろうし、僕もずっとそう思ってロックを聴いてきた。そこにタブーがあってはならない。
斉藤和義が“あの替え歌”を歌った時、僕はその替え歌の内容より、彼が“今歌った”という態度こそに、彼が歌った事実こそに強く励まされたのだ。その真摯さがロックだと思ったし、斉藤和義というミュージシャンが感じた時代の空気に、僕は共鳴したんだと思う。

かつてピート・タウンジェントは“大きな音でやるからロックなんじゃない。街でやるからロックなんだ”(だったっけ?)と言った。忌野清志郎は“こんなもん、ただの歌じゃねえか。何をぎゃあぎゃあ騒いでるんだ?”と言った。
斉藤和義にもこの2人と同じ魂の系譜を感じる。ロックが生れてから脈々と続いてきた、ロックのロックたる精神が、このやせっぽちの歌うたいにも流れているのを感じる。

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2011年10月18日 (火)

死ぬかと思った

東京のマラソン大会で23人搬送

----------------------------------

10月16日(日)21時17分配信 毎日新聞

 東京都足立区千住5の荒川河川敷で16日、マラソン大会の参加者計23人が熱中症とみられる症状を訴え、救急搬送された。このうち11人が入院し、3人が重症という。

 東京消防庁によると、搬送されたのは28~68歳の男女。同区が主催した「第40回タートルマラソン国際大会兼第14回バリアフリータートルマラソン大会」で、最長距離のハーフマラソンから5キロなどの種目に分かれ、午前10時半から順次、スタートした。同庁によると、会場からは同11時40分から午後3時半にかけて計26回の119番があったという。

-----------------------------------

この大会、実は出てたんだ、俺(笑)。
当日は確かに殺人的な暑さだった。前日は天気が悪かったんで、この日の参加者のほとんどが雨対策を考えていたと思う。だから、スタート前は晴れて良かったねえ!ぐらいの雰囲気だったのですよ。猛暑対策してた人なんてまずいなかったと思う。なにしろ10月だぜ。誰が真夏日を予想する?

ところが、ハーフマラソンのスタート時間10:30頃になると、気温はぐんぐん上昇し始めた。お昼には30度近くまで上がったという。雨上がりだから湿度もムンムン。おまけに会場の荒川河川敷は橋の下ぐらいしか日陰がない!かくして季節外れの猛暑日が出現することと相なった。これで21キロ走るってんだから、自分で自分に呆れてしまう。うーん、やっぱしマラソンはM体質のスポーツですなあ(苦笑)。

僕はこのレースを11月に走るつくばマラソンの調整と考え、膝の調子が今一つだったこともあって、1キロあたり5分30秒ぐらいのペースで走り切ろうと思っていた。でも、10キロ過ぎたあたりから人がバタバタ倒れるパンキッシュな展開になったのを見て(苦笑)、早々と目標を下方修正。とにかく完走を目指すことに。結果、2時間7分という大幅に予想を下回るタイムでゴール。
だけどしょうがないや。はっきり言って15キロから先はいつぶっ倒れてもおかしくない状態だったもん。走ってる最中は、周りでもフラフラと蛇行してる人がいっぱいいた。僕は給水所でスタッフの人に頭から水をかけてもらったりしながら、なんとか走り抜いたけど、まるで自分がスルメになったような気持ち(笑)。うーん、ハーフマラソンってこんなに過酷なスポーツだったっけ????

帰ってきてから、軽い熱中症で痛む頭を抱え、予想外の結果に自信を失いかける。でも、翌日に件の新聞記事を見てびっくりだ。重症3人って…。とりあえず倒れなかっただけでも良かった。って言うか、こういう滅多にない環境で完走できたんだから、これもいい経験になったと思うことにするっ!

そう、ランナーはどこまでもMでポジティヴなのだ(笑)。
目指すは11月に49.195キロを走り切るのみ。今はそれしか考えられない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年10月 7日 (金)

エレクトリックギター、炸裂!

仲井戸麗市 ONE NITE BLUES 61
【番外編:チャボのしっぺ返し】泉谷しげるBAND vs 仲井戸麗市BAND 
at:Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE
2011.10.6(THU)OPEN 18:15/START 19:00
仲井戸麗市BAND(B:早川岳晴/Dr:河村”カースケ”智康/Key:Dr.kyOn)

いやあ~最高だった!燃えた。燃えたぞっ!

泉谷が、「今日の内容は言うなよ。っつうか、オレが出てたこと自体言うなよ!」って言ってるから、内容を書くのはもう少し経ってからにしますが(笑)、やっぱバンドでバリバリ弾きまくるCHABOはたとえようもなくカッコいい!それが良~くわかった。

今年はバンドスタイルでの演奏も比較的多いCHABOだけど、今日は特にテンションが高かった。っていうか、ここ数年でもNo.1だったんじゃないか?
オレ、CHABOのライブで頭が真っ白になったのはほんとに久しぶり。ロックなCHABO、サイケなCHABO、ファンキーなCHABO、ん~やっぱバンドのCHABOは最高だ!はっきり言って、Japan Jamよりも野郎共の饗宴よりも良かったと思う。
どうだ、お前ら!これがオレたちが夢中になってきたCHABOなんだぜ!

それにしても、怒涛の5連チャンライブ、考えてみたらまだ初日だぜ。最初からこんなに飛ばして大丈夫なんだろうか!?(笑)
これは、この後の展開も俄然楽しみになってきたなあ~。スゲエぞ、CHABO!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »