« 泣いても笑っても | トップページ | プチ故障? »

2012年2月26日 (日)

東京マラソン 2012

楽しかった!とにかくそのひと言に尽きるなあ…。
目標だったサブ4(ゴールタイム4時間を切ること)が果たせなかったのは残念だけど、それは今はイイです(笑)。とにかく、当選するのすら難しい大会に出ることができ、多くの人たちの声援を受けながら東京のど真ん中を走る体験ができた。それだけでもう充分。
噂にはきいていたけど、沿道を埋め尽くす人並みは本当にすごかった。スタートの都庁前からゴールのビッグサイトまで全く途切れることがない大観衆。その中を駆け抜ける快感は、ちょっと言葉では言い表せない。いやあ~ほんと、これまでの人生の中であれだけ大勢の人から応援されたことなんてなかったし、これからもたぶんないだろう。あれは間違いなくクセになります(笑)。アドレナリン沸騰。完全なナチュラル・ハイ状態。もしかしたら、ミュージシャンが武道館とかのステージに立つ時も、こんな気持ちになるんじゃないだろうか?そんなことをふと思った。本当に夢のような時間。マラソンを始めて本当に良かったと思う。
応援してくれた人たち、この大会を運営していたボランティアの方々、交通規制で迷惑をかけていたであろう地域の人たち一人ひとりに感謝したいような気持ちで一杯だ。

実は出走前の体調は消して良くなかった。それは、ひと言でいうと走りすぎ(苦笑)。なにしろ、前に出たレースから1ヶ月弱しか間隔が空いていない。疲労が回復しきっておらず、身体の芯に疲れが残っているような感じだった。考えてみたら、去年11月のつくばから4ヶ月で3回もフルマラソンを走っている。自分でも無茶なことをしているなあとは思う(苦笑)。
でも、毎年抽選の倍率が10倍近くに達する東京マラソン、この機会を逃したら今度はいつ出られるかわからないではないか。僕の身体だって、いつまで今のままかはわからない。だったら走ろう。無理してでも走ろう!そう思った。明日は何があるかわからないんだから、やりたいことは多少無理してでもやっておかなくては…。3.11以降、強く思うようになった僕の人生訓だ。

走り始めてからも、決して順調な42.195キロではなかった。
東京マラソンのコースはフラットで初心者にも走りやすいと言われているんだけど、それが逆に良くなかったのかも。スタートから10キロ近くまで緩やかな下りが続くので、どうしてもオーバーペースになってしまうのだ。しかも、都庁前を出発してガードを潜ると、いきなり靖国通りに入るというスペクタクルなコース展開。ふだん車がばんばん通ってる天下の大通りを、僕らのために全部封鎖してくれているわけで、これは興奮せざるを得ない!そんなわけでますますペースが上がってしまった(苦笑)。

15キロぐらい、場所でいうと日比谷公園辺りまでは1キロ5分20秒から40秒ぐらいのペース。かなり気持ちよく走っていた。
ところが、20キロを越した辺りから右膝内側が突然痛くなってくる。それでもバカなワタシは“おお~ドMなオレにぴったりな試練!”などと余裕ぶっこいていたんだけどね(苦笑)。でも、すぐにそんな余裕は無くなってしまった。冗談抜きに膝が痛い!ものすごく痛い!地面に脚をつくたび激痛が走る。
もし、これが東京マラソンじゃなかったらここでリタイアしていたかも。でも、大観衆の声援が背中を押し、脚を動かしてくれた。ほんと、レースに出ると毎回毎回思うことなんだけど、時になんで人は他人のためにこうまで優しくなれるのだろう…。僕みたいな見ず知らずのおっさんにも、寒空の下で声を限りに“頑張れ~!”と言ってくれる。これは効きます。ほんとに効きます!日本人、まだまだ捨てたモンじゃないって思います(笑)。「頑張れ!」って言葉は確かに陳腐かもしれない。でもね、本当にその言葉が必要な人にはものすごく力をあげられるんです。「頑張れ!」って、本当に素敵な言葉だとオレは思います。

それから、一番苦しかった時間帯、痛みを堪えて走っているときに沿道でスピーカーからZARDの「負けないで」を流してくれている人がいたっけ。何でもない時だったら、僕はきっと“うわ~ベタだなあ…”って苦笑いしていたかも。でも、この時は感動して涙が出そうになっちゃった。気持ちが弱ってる時だったんで、効いたなあ…。なんか、カラカラの心に水がしゅわーってしみこむような感じだった。音楽ってスゲエ!しみじみそう思いましたよ、ワタシは。
実を言うと、ZARDなんて一度も真面目に聴いたことがなかったんだけど、あの日以来、何度もYoutubeで「負けないで」を見てます。で、聞くたびにあの日この曲が聴こえてきた瞬間を思い出して泣きそうになっちゃうんだ(苦笑)。2012年2月26日以来、「負けないで」は僕にとって特別な曲になった。

35キロ付近、佃大橋を渡るのも辛かったなあ…。実は、比較的平坦な東京マラソンの中でここが最大のヤマ場。急な傾斜が多くのランナーの脚を止めてしまう。僕も“ゴール間近でこれかよ~っ!”って気持ちが折れかかった。と、ここでまたもや音楽が!なんと、今度は「ロッキーのテーマ」ときた!いやいや、これも今にして思えば、なんてベタな展開だったんだって思いますよ(笑)。でも、やっぱしあの場面ではものすごく力をもらった。こういうのは体験してみないと絶対わからないと思う。なにより、ランナーが一番苦しい所で音楽をかけて励まそうと思ってくれるっていう、その気持ちが嬉しい。

ゴールのビッグサイトが見えてきたときの嬉しさは忘れられない。偶然なんだけど、この時、雲に覆われた空からさっと陽の光りがさしてきたのも感動的だったなあ。
ゴールゲートを潜ったのは午後1時30分頃。正式タイムはまだ出てないけど、ネットタイムは4時間16分01秒(すいません、当日ケータイメールでゴールを祝ってくださった方々、2分過大申告していました(苦笑))。ボランティアの人に「FINISHER」と書かれたタオルと完走記念のメダルをかけてもらうと、やっと“ああ、終わったんだ…”という実感が湧いてくる。“おめでとうございます!”っていうひと言が本当に本当に嬉しかったなあ。あ、くたくたでしたけど、若くて可愛い女性ボランティアの前に行くことも忘れてませんでした(笑)。

東京マラソンはやっぱり特別だった。この達成感、満足感は他のマラソン大会とは全然違う。ほんと、走れるものなら何度でも走りたい!何歳になっても、それができる自分でいたいと強く思う。
ちょっと気になっているのは、20キロ過ぎから出た膝の痛みだ。これ、実は1ヶ月前にフルマラソンを走ったときにも、同じぐらいの距離で同じところが痛み出した。その時は、アップダウンの激しいコースが脚にダメージを与えたんだと思っていたんだけど、こういう平坦なコースでも症状が出たってことは、フォームの問題か、身体上の問題か、僕自身に原因があると思わざるをえない。それを克服しない限り、サブ4はちょっと難しいかも…。
ただ、脚をかばいながらペースを落として走っていたので、レース後も意外と元気だった。翌日も酷い筋肉痛に襲われることはなかったし、コンディションをきちっと整えて力を出し切れば、もっとタイムを縮められる伸びシロはあると思うんだけど。
ともかく、今はゆっくり疲れをとって、次のシーズンにサブ4に再挑戦しようかと思う。これからしばらくは、完走メダルを眺めながら一人で美味い酒が呑めそうです(笑)。

002_2

Rimg3918_2

Rimg3921_2

|

« 泣いても笑っても | トップページ | プチ故障? »

Running on Empty」カテゴリの記事

コメント

大変お疲れ様でした!
膝は、大丈夫でしょうか?

東京マラソンは、見ている方も毎回楽しませてもらってます^ ^
あ…「デビルマン!」「スカイツリー!」「白鳥♥」(笑)
今年は、USTREAMで走りながら生中継してる方も増えましたね。

HAGAさんを見つけられなかったのが心残りデス(泣)
また是非、当てて(笑)走って下さい^ ^

投稿: ぴーたー | 2012年3月 6日 (火) 00時18分

◆ぴーたーさん
応援いただき本当にありがとうございました。辛かった場面も多かったはずなんですが、今は楽しかったばかり思い出します。東京マラソンの魔力ですね(笑)。
仮装ランナーも多かったですね。もし、また当選したら僕も何か目立つ格好を考えようかな?(笑)

投稿: Y.HAGA | 2012年3月 6日 (火) 16時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111538/54123038

この記事へのトラックバック一覧です: 東京マラソン 2012:

« 泣いても笑っても | トップページ | プチ故障? »