« 山口洋 MY LIFE IS MY MESSAGE -solo2012 / 2012年4月14日(土) 横浜・THUMBS UP | トップページ | 【映画】『ドライヴ』 / ニコラス・ウィンディング・レフン監督 »

2012年4月16日 (月)

夜の木蓮

Moku_2

子供のころ、僕は木蓮の花が無性に怖かった。
まだ冬枯れの木が目立つ季節に、まるで涙のような形の大きな芽が忽然と現れ、やがて大きく派手な花弁をつけていく。その様は、それだけで周りの空気をがらっと変えてしまう強烈な存在感がある。そのオーラとねじれた手のように奇怪な花のカタチが、子供の僕にはとても怖い存在として映っていたのだ。

大人になってからは、もう木蓮に恐怖心を抱くことはなくなった。
今、近所では紫木蓮の花が咲いている。その様は、まるで熱帯に住む鳥が群れをなして空を舞っているかのよう。紫木蓮のある一角は、周りから完全に切り離された非現実的空間になっていて、通るたびに胸が躍る。
今はこんなふうに木蓮の持つサイケデリックな妖気を楽しんでいると思っていた。

ところが、昨日の夜、僕はまたまた木蓮にぎょっとさせられる体験をしてしまったのだ(苦笑)。
昨日はちょっと思うところがあり、いつもと違う道を歩いて家路に着いたのだが、ある場所を過ぎたらどうも誰かにじーっと見られてるような気がして仕方がない。
振り返ったら、そこには大きな白木蓮の木があったのだ。夕闇の中にぼーっと浮かぶ白い花。それはなんだかたくさんの掌が手招きをしているみたいで…。

うーん、僕の木蓮恐怖症は、まだトラウマとして残っているのかもしれない(苦笑)。

|

« 山口洋 MY LIFE IS MY MESSAGE -solo2012 / 2012年4月14日(土) 横浜・THUMBS UP | トップページ | 【映画】『ドライヴ』 / ニコラス・ウィンディング・レフン監督 »

日記」カテゴリの記事

コメント

夜のモクレン…。私も子どもの時苦手だったんですよーbearing
小さな顔がたくさん暗闇に浮かびあがってるみたいで…
大人になってからはサクラや金木犀のように、季節の移り変わりに気づく自然の風景として好きになりました。
……が、「なんだかたくさんの掌が手招きをしているみたいで…」でまた怖くなっちゃったーーcrying
今日は、モクレンの無い道を通って帰ろう…sweat01

投稿: nao | 2012年4月19日 (木) 07時50分

◆naoさん
ごめんなさい、怖がらせちゃいました?
実は僕、ある種の花とか人形とか、梅津かずおの漫画とか(苦笑)、結構苦手なものって多いんです。首チョンパ状態の剥製が苦手なのはnaoさんも良くご存知ですよね(苦笑)。子供の頃のトラウマって大人になってもなかなか克服できないなあ…。

そういえば、最近タレントの中川翔子の顔も苦手だって気が付いてしまいました。彼女、梅津かずおの漫画の女の子の顔とそっくりなんだもん…(泣笑)。

投稿: Y.HAGA | 2012年4月19日 (木) 20時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111538/54461746

この記事へのトラックバック一覧です: 夜の木蓮:

« 山口洋 MY LIFE IS MY MESSAGE -solo2012 / 2012年4月14日(土) 横浜・THUMBS UP | トップページ | 【映画】『ドライヴ』 / ニコラス・ウィンディング・レフン監督 »