« R.I.P. 島田和夫さん | トップページ | うたかたの日々 »

2012年10月 6日 (土)

「MAGICAL CHAIN CARAVAN vol.3」MAGICAL CHAIN CLUB BAND(リクオ/ウルフルケイスケ/寺岡信芳/小宮山純平)/2012年10月6日(土) 下北沢 CLUB Que

2012年10月6日(土) 下北沢 CLUB Que
"CLUB Que shimokitazawa 「新夜想曲第十八番・ウタゲアリキ」 No.18 anniversary"
「MAGICAL CHAIN CARAVAN vol.3」
【出演】MAGICAL CHAIN CLUB BAND(リクオ/ウルフルケイスケ/寺岡信芳/小宮山純平)
前¥3500 当¥4000(1ドリンク別オーダー) 開場18:30 開演19:00

うん、このバンドはいいかも!
実を言うと、僕は長い間リクオとウルフルケイスケとの組み合わせが、どうもしっくりしなかったのだ。二人の色が違っていて、特にリクオの良さが薄まっちゃうような気がして…。だけどこの夜のライブで、やっとなぜこの二人がバンドを組んだのかわかったような気がした。二人の気質は違っているようでよく似ているのだ。そして、お互いがお互いの長所を巧くシェアし合っているように思う。かくして、ともすれば鬱々としがちなリクオの楽曲には明るさが加わり、ウルフルケイスケの楽曲もR&R一本やりではなく、様々な陰影が付くようになった。

そのシェアぶりは、バンドという飛び道具を手に入れたおかげで、なおいっそう鮮やかになったと思う。他の二人、寺岡信芳と小宮山純平のリズム隊は、もう何年も一緒にやっているかのように息がぴったりだった。それに触発されたかのように、ケイヤンのギターはリクオと二人だけの時よりずっと手数が多くなっている。寺さんと何年も一緒にやっているリクオのハジケぶりはいわずもがなだ。たとえばCHABOの隣には早川岳晴のべースが欠かせないように、リクオにとってバンドで音を出す際には、今や寺さんの存在はなくてはならないものになっている。
客席から期せずして“完璧すぎるやん!”という声がかかったように、これはもうベテランバンドの領域に入っているぐらいの完成度だった。

それにしてもマジカル・チェイン・クラブ・バンド、楽曲がすごくいいなあ~。この日はリクオとウルフルケイスケそれぞれの定番曲と、10月25日発売のこのバンドの1stアルバムの曲が全曲演奏されたんだけど、この新曲たちがほんとに素晴らしくて強く印象に残った。
リクオが作った「不思議な人よ」なんてのは、ソロではなかなか出来なかったタイプの曲だと思う。この曲をはじめ、そのものずばりの「アリガトウ サヨナラ 原子力発電所」など、このアルバムには3.11後の世界観が色濃く出ているものがいくつかあるが、もし同じテーマをソロでリクオがやったなら、たぶんそれはもう少しシリアスな味の濃いものとなったのではないだろうか。へヴィーな現実をR&Rで吹き飛ばす。そうだよなあ、高校生の頃の鬱々とした時期、僕がR&Rに魅かれたのも、こんなポジティブなタッチにやられたからだったんだよなあ…。ふとそんな気持ちを思い出した。

とにかく、このバンドはこれからの転がり方が楽しみだ。もう、フェスなんかにもこれでガンガン出ればいいのに。陽気なビートで、不思議な人たちを笑い飛ばしてやってくれよ!

|

« R.I.P. 島田和夫さん | トップページ | うたかたの日々 »

リクオ」カテゴリの記事

コメント

I think that to get the home loans from creditors you should present a great motivation. But, once I've received a secured loan, because I was willing to buy a house.

投稿: CochranCara34 | 2012年12月20日 (木) 18時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111538/55887836

この記事へのトラックバック一覧です: 「MAGICAL CHAIN CARAVAN vol.3」MAGICAL CHAIN CLUB BAND(リクオ/ウルフルケイスケ/寺岡信芳/小宮山純平)/2012年10月6日(土) 下北沢 CLUB Que :

« R.I.P. 島田和夫さん | トップページ | うたかたの日々 »