« エイサーとじゃんがら念仏踊り | トップページ

2018年11月18日 (日)

【CHABO SOLO ACTION The Moon Struck One 2018年11月17日(土)東京・南青山MANDALA】

難しい時期のライブ。正直、なんでこんな時に…と、CHABOもファンも複雑な思いでこの日を迎えたはず。ただ、2009年の5月もそうだったけど、このデリケートな夜が気心しれた南青山MANDALAでのライブだったのは、不幸中の幸いだったかもしれない。

僕も少し沈んだ気持ちで開演を待っていたのだけれど、出てきたCHABOは思ったよりリラックスして見えた。2009年5月は開演前に賛美歌が流れ、最初はサングラス姿だったことと比べれば、いつも通りといっても良いぐらい。まずはほっとした。
CHABOは、この秋すでに水戸と長野で“The Moon Struck One”と称したライブを演っており、東京でのこれを含めて一本の短いツアーのような気持ちでいたようだ。
なかなか行けない地方のライブでは、待っていたファンの為にRCナンバーも「君ぼく」や「雨上がり」、「いいことばかり」や「上を向いて歩こう」などのど真ん中の曲を演ったらしいけど、この夜選ばれたのは「よそ者」と「たとえばこんなラヴ・ソング」の2曲。聞くところによると、カバー曲もかなり入れ替えていたらしく、こういうところにもCHABOの演者としての誠実さが感じられる。
この夜、一番印象に残ったカバーは、初めて聴いたヴィレッジ・ストンパーズの「 ワシントン広場の夜はふけて」。子供の頃にダーク・ダックスが歌ってたのを何処かで聞いたことがあるけど、こんな曲をカバーしても様になってしまうロックギタリストなんて、日本ではCHABOだけだろう。
個人的には、「糧」や「スケッチN.Y. '98」、「Holiday」などが選ばれたことで、90年台後半頃のソロライブみたいなフィーリングを感じた。
それと、最近のCHABOのライブでは、アップテンポのナンバーはオリジナルよりもむしろカバーで弾みをつける傾向があると感じていたんだけど、この日もそうでマンフレッド・マンの「Sha La La」やストーンズの「Last Time」では手拍子や観客とのコーラスもあった。ライブ中で一番アップテンポのナンバーは、もしかしたらチャック・ベリーのカバー「Memphis, Tennessee」だったかも。
特筆すべきエピソードとして、この日はステージ最前の席にお父さんに連れられた中学生がいて熱心にステージを見ていたようで、CHABOがライブ中何度も話し掛けていたのが微笑ましかった。男の子が大好きなCHABOさん。彼がいたおかげで「R&R  tonight」はまた違った意味を持って歌うことができたのではないだろうか?何度も“サンキュー・ボーイ”と言っていたけど、この少年のおかげでライブ全体の雰囲気もだいぶ和やかになったように思われ、僕も少年とお父さんに感謝したい気持ちだ。
ビートルズ・カバーは、地方では「ハードデイズ・ナイト」だったらしいけど、この日は「ロング・アンド・ワインディング・ロード」。もしかしたら、この曲が一番辛い出来事への気持ちを投影していたかもしれない。日本語詞は清志郎に当てたものだろうけど、この夜はそれが片山さんの事を歌っていたに聞こえて…。
やや渋目の選曲ではあったけど、このところあまり歌っていなかったオリジナルとルーツが垣間見れるカバーを組み合わせ、とても見応えのある練り上げられたライブだった。
片山さんの話が直に語られることはなかったけど、解る人には解っていたはず。冒頭にポエトリー・リーディングを挟んだのは片山さんに向けての鎮魂だろうし、アンコール最後に「プレゼント」を演ったのは、戦友たちがいなくなっても、僕らは淡々と明日を生きていこうというCHABOの僕らに対するメッセージだったと思っている。
それでも、鎮魂を込めつつあくまでポジティブなフィーリングを失わない2時間半だった。久しぶりに聴いた「唄」は沁みたなあ…。どんなことがあっても言葉を紡ぐこと、歌うことを止めないCHABOさんの決意表明にも思え、失礼を承知で言うけど、CHABO さんつくづくプロだなぁ〜って思った夜でもありました。 #CHABO #仲井戸麗市 #仲井戸CHABO麗市 #南青山MANDALA

|

« エイサーとじゃんがら念仏踊り | トップページ

仲井戸“CHABO”麗市」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【CHABO SOLO ACTION The Moon Struck One 2018年11月17日(土)東京・南青山MANDALA】:

« エイサーとじゃんがら念仏踊り | トップページ